So-net無料ブログ作成

ユーロスターでロンドンへ日帰り出張してきた [ベルギーでの暮らしとヨーロッパの旅]

国境の長いトンネルを抜けると…英国であった!

IMG_3796.JPG

初めてのユーロスター、久しぶりのロンドン。
NHKロンドンにてナレーション収録のため、日帰り出張してきました。

IMG_3696.JPG

ブリュッセル南駅からロンドンまで、2時間ちょっと。
自宅からスタジオまで3時間ちょっと。(でも、時差で一時間お得!)
毎度のことながら、頼れるグーグル先生による道案内はこんな感じ。

FullSizeRender.jpg

平日の朝はやはりビジネスマンだらけで車内は満席でした。
小ぶりのスーツケースを持っている人もいれば、
普通のアタッシュケースひとつと身軽な人も。
新幹線通勤感覚なのでしょうか。。。

二等車でも、シートはふかふかで大きめ。
ヘッドレストが両側にしっかりあって、いびきをかく熟睡おじさんも。

ちなみに、私の隣の席には、美術品の修復の仕事をしているドイツ系の美女。
ロンドンにはよく行くらしく、「私もブリュッセルから日帰り出張なのよ〜」と。
「ベルギーでランチでもしよ!」と約束して、セントパンクラス駅で別れました。

さて、乗り換えたのは、世界最古の地下鉄、チューブ。
今更ですが、まじまじと見てみると、チューブを切ったような、丸いトンネルなんだなー。
「マインド・ザ・ギャップ(スキマにご注意!)」のカチッとした英語のアナウンスが
「ああ、イギリスに来たんだなぁ…」と思います。

IMG_3660.JPG

現金でいちいち買うのも面倒だし、料金もお得なので、
交通系ICカード、通称「オイスターカード」も買いました。

ううむ、なぜオイスターなのでしょう?
まあ、東京に来た外国人観光客のみなさんも「なぜスイカ?」と思うかもしれませんね。

なにはともあれ、スタジオ到着。
イギリス人のエンジニアさんのクイーンズイングリッシュに聴き惚れつつ、

「Are you happy?」

という質問は、「あなたは幸せですか?」と聞いてるんじゃなくて(当たり前か)、
「これで満足ですか?問題ない?」というニュアンスなんだねぇ…と、勉強しつつ、
無事に収録終了。

IMG_3666.JPG


トンボ返りなので、数時間後の帰りの時間を気にながらも
「よっしゃ、ランチ!」と繰り出したのでした。

長くなりそうなので、また次回につづく…。


【英語で読む村上春樹】

NHKラジオ「英語で読む村上春樹」

読んでいるのは、1985年に発表された短編「パン屋再襲撃」。

_SK22161-0a054.JPG

過去のパン襲撃による「呪い」を解くために、
主人公とその妻が、ついにマクドナルドの店内に突撃しました。

10月9日(日)よる11時ー
10月15日(土)ひる12時10分ー (再放送)

「ビックマックを三十個、テイクアウトで」と妻は言った。

10月号の表紙も…?

IMG_3805.JPG

さて、この時期になると、気になるのが村上春樹さんとノーベル文学賞。

今回の出張で見かけたイギリスのブックメーカー「Ladbrokes」でも上位です。
ベルギーのわが街にもあって、ほぼ毎日その前を通っていますが、
いつもひっそりしているので未入店。どんなシステムになっているんだろ?

サイトをチェックしてみると、10月7日の現在では、
ケニアのグギ・ワ・ジオンゴさんが1位のようです。

ノーベル賞に限らず、文学賞に関してはいろいろ賛否両論ありますが、
「読んでみようかな?」と思うひとつのきっかけになりますよね。

受賞してもしなくても、
これからも、より多くの日本文学が世界の人たちに愛されますように。

もちろん言うまでもなく、
村上春樹はベルギーの書店でも、ムラカミ棚があるほど、人気です。

そうそう、プラハの書店でもそうでした。
ついつい旅先の本屋さんでチェックしてしまうクセが…笑


共通テーマ:blog