So-net無料ブログ作成

桜とイルカとお芋

あっという間に、3月も最終日。
年度末、みなさまも無事に、ひと区切りがついたことを願っています。

桜も花開き、気分もちょっと浮かれちゃう感じも悪くないですよねぇ。

写真 18.JPG

代官山の西郷山公園にて。

スタジオに向かう途中、通り過ぎようとして...チラッと視界に入ったが最後、
フラフラと吸い寄せられてしまった河津桜。

そのあまりにも生命力あふれるピンクの存在感に圧倒されました。
春の嵐に枝をざわざわと揺らす姿が、まるで生きているみたい。
一年で一番全力出していっぱいに広げる腕のようでした。

ということで、毎日ドタバタしながらも、
春休みっぽい場所に行こうと思い立ち、エプソン品川アクアスタジオアムへ。

写真 16.JPG

年間パスポートの期限が切れてしまう前に、今年度最後のイルカジャンプ。

さらに、あまり普段作らないお菓子にも挑戦してみるかと、
今更ながら、人生初めてスイートポテトを作ってみました。

写真 8.JPG

楽チンして焼き芋をマッシュしたあと、バターと牛乳と砂糖を加え丸めて、
卵黄を塗って、ガスレンジの魚グリルで焼き目をつけるだけ。
お顔は、どうぶつ穴あけパンチで作った海苔...

お味は...なんていうか、普通(笑)
パティシエの皆さんの技に、改めて敬服しました。

写真.JPG

今年も街中がピンクに染まっていますが、
この時期になると、キリンジの「愛のCoda」という曲が聞きたくなります。
「あの街も花びらで染まるのに...春をやり過ごすだけ」という、
キリンジ節全開の切ないラブソング。

たしかに、喜びだけじゃない、ちょっと複雑な気持ちの季節でもありますよね。
これまで慣れ親しんだ場所や、お世話になった人との別れがあったり、
お花見の帰りにふと我に返ったりと、無性に寂しくなる瞬間ってありませんか?

人の声が恋しくなったらぜひラジオのスイッチを。

●国内外の名作を朗読中「Force Club READING FOR YOUR HEART」

番組も4月で3度目の春を迎えます。
さらにまるく優しく成長していけたら。
本好きスタッフ一同、頑張りまーす。

3月31日(月)から4夜にわたってご紹介するのは、絵本界の「夢のタッグ」。
「あらしのよるに」シリーズのきむらゆういちさんと
「ティラノサウルス」シリーズの宮西達也さんによる作品です

J-WAVE 81.3
月〜金 よる9時50分〜10時

fm802
月〜金 よる8時48分〜8時58分

ZIP-FM 77.8 
月〜木 よる8時50分〜9時
金   よる7時50分〜8時



共通テーマ:blog

ヨーロピアンな最後の晩餐

「ヨーロッパ水風景」のメンバーで最後の晩餐でした。

写真 5.JPG

猛烈にタイトな撮影スケジュールの中、
素晴らしい番組を作り上げた超人的なスタッフの皆さま。
楽しかったなー。また旅番組ご一緒したいなー。

この席では嬉しい報告がありました。
番組が評価され、BSジャパンさんから2013年度貢献賞が授与されたとの事。
子供の頃からこういうキラキラの賞状を頂くのって、やっぱり憧れでしたから。
うーん、嬉しいですねぇ。

今回旅のナレーションをご一緒させて頂いた中田譲治さんと。
共演させて頂き、本当に光栄でした。

image.jpg

●「ヨーロッパ水風景」BSジャパン

おかげさまで、沢山の反響を頂き、最後に再放送が決まりました。
ご要望にお応えして女優・斉藤由貴のイギリス・リバプールをもう一度。
世界遺産にも登録されている街並みを散策し、ビートルズの足跡を訪ねます。

3月30日(日)昼12時00分~午後2時00分

5c985b2255f5dea6bd9756a27a71.jpg

斉藤由貴さん、自在に英語を話し、等身大で旅を楽しんでいる姿が素敵。
イギリスは、大好きなロンドンしか旅したことがないのですが、
足を伸ばして、リバブールも、マンチェスターも、思い切り歩き倒してみたいな。

これまで楽しんで頂き、本当にありがとうございました。


共通テーマ:blog

(終)ヨーロッパ水風景

私自身、収録しながらどっぷりヨーロッパ気分に浸った「ヨーロッパ水風景」。
今夜の番組表には、(終)マークがついています。

そうなんです...ああ、春は別れの季節...。

ヨーロッパ水風景.jpg

やっぱり人間は水のある風景を眺めていると、ホッとするのね...
なんて、毎回ブースの中でのんびり癒されながらの収録でした。
さらに、中田譲治さんの優しくてダンディーな声にも、
風光明媚な景色を歩きながら、疑似エスコートされているようだったなー。
さすが『SATC』のMr.ビッグ様サマです。

寂しい気持ちになりますが、始まりがあれば、終わりもある、と。
終わりもあれば、また始まりもありますよね...(涙)

テレビの前で一緒に楽しんでくださった皆さま、
これまで本当にありがとうございました。

●「ヨーロッパ水風景」BSジャパン 

3月23日(日)夜7時00分~夜8時54分

女優・紺野まひるさんがオランダへ。
ロッテルダムで都市の絶景と絶品料理を堪能。
ミッフィーの生まれ故郷ユトレヒトでは優雅な運河クルーズを楽しみます。
ミッフィーだらけのディック・ブルーナ・ハウス、私もいつか行ってみたいなぁ。
さらに足を延ばして世界遺産キンデルダイクでは、風車の風景に感動!

写真 3.JPG

水風景といえば、昨日遊びに行ったみなとみらいも、ポカポカ陽気で気持ちよかった。
このあたりは、学生時代、まっすぐ家に帰りたくない放課後にフラフラしたもんです。
東横線を寝過ごして、終点の桜木町まで着いちゃったから...って理由もたまにあったけど。

この観覧車も、かつてはランドマークタワー寄りにあったんですよね。
「昔は、あの場所じゃなかったよね...」と、ずっと疑問に思っていて、
周りの人に「ちょっとだけ移動したよね?」と聞いても、
「ええ?あんな大きいのが!?」なんて返されて、
得意の記憶違いかと思っていました。

この日の帰宅後「やっぱり気になる!」と調べたら、
「97年に一旦営業停止、解体、移設され、99年に再開」と、あっさり解決。
長年の疑問がスッキリしました。

今の場所に移動されてから乗っていませんが、
あれから文字通り21世紀になり、ずいぶん変わったみなとみらい21地区の景色。
次にあのゴンドラに乗る時は、どんな水風景が広がっているんだろう。
この先のお楽しみとして、そのチャンスをのんびり待つことにします。
夏の夕暮れ時なんか、いいだろうなぁ。

ポカポカ陽気の春の日曜日、今日も良い一日を!


共通テーマ:blog

続編決定!NHK BS 「マキハラといっしょ」

昨年暮れに放送され、大反響を頂いたNHK BSプレミアム「マキハラといっしょ」
(その時の模様はこちら

写真.JPG

槙原さん、いつも以上にいっぱい汗をかきながら、
トークで番組を盛り上げ、
他では聞けない特製アレンジで名曲を歌い、
ゲストにお迎えした松たか子さんとのデュエットも披露、
専用ジングル(番組コーナーの間に流れるサウンドロゴ)まで作り...と
スーパー頑張り屋さん&気遣い屋さんとして、それはもう大ハッスル。

ホストとして、「こんな音楽番組作りたい!」という情熱がミチミチに満ちた
これ以上ないほどの濃厚な60分でした。

音楽性の高さ、トークのぶっちゃけ加減、
ゲストの井上ヨシマサさんとのマニアックな業界話も楽しかったな〜。

おかげさまで、皆さまから熱いご要望を頂きまして(涙&感謝)、
この春、続編の放送が決定しました!

現在、鋭意モリモリ仕込み中です。

第2回オンエア日時
4月18日(金)NHK BSプレミアム 22時〜22時59分

詳細は、また追ってお知らせしますね。



共通テーマ:blog

ロマンスカーと甘酒

先日、誕生日だった両親を誘って、久しぶりに箱根へ家族旅行。

新宿から、ロマンスカーに乗って、箱根湯本まで1時間ちょっと。
「子供の頃、乗ったかな?どうだったかな?」という淡い記憶をたどりながら
ホームに着いてみると...そのあまりにもお洒落な変貌ぶりにビックリしました。

写真 16.JPG
2005年から運行されている7代目の新型特急ロマンスカー・VSE(50000形)

ヨーロッパの特急みたい!
中に入ると、オレンジと木目を基調としたゆったり落ち着きのある空間。
シートは、窓側に向け角度をつけて配置されているのもニクいですね。
車内販売では、キレイなお姉さんがオーダーをとりにきてくれて、
わざわざ座席までコーヒーを運んできてくれたのに、ちょっと感動しました。

写真 20.JPG

どこかヨーロッパからのカップルが、
アイスクリームを食べながら、仲良さそうにしてましたけど、絵になってたな。

写真 13.JPG

洗面所には、洒落た小料理屋さんのようなスタイリッシュのれんが。
日本のお・も・て・な・しを感じ、ちょっと誇らしい気持ちになりました。
この発想、デザインは、他にはないよね!

同じ車両では、おじさん達が一升瓶を注ぎ合いながら盛り上がっていたのも、
多様性!という感じで、なかなか微笑ましい光景。
そりゃ、おじさんだって、はしゃぎたくなりますよ(笑)

という訳で、着く前から、思いもよらずワクワクしてしまう自分がいましたが、
温泉もしっかり堪能してきましたよ。
いやー、たまに旅をすると視点も気分も変わるし、良いものですね。
大自然の中、美味しい空気と、温泉で、ただただゆったりとしてきました。

帰り道、箱根の山の七曲がりを上がってゆく途中、
まだ雪が残る山奥深くに、江戸時代から続くという甘酒茶屋がありました。
たまたま見つけて入ったのですが、それは素敵な場所でした。
中は昔ながらの薄暗い土間に。
囲炉裏には火がおこしてあって、その煙が茅葺きをいぶしていて、
なんとも日本昔話の世界にタイムスリップした気分でした。

写真 21.JPG

みんな東海道をトコトコ歩いて旅をしていたかつての江戸時代。
旅人の疲れを癒すために、街道には甘酒を振る舞う茶屋が人気だったそうです。
全盛期は箱根に9軒あったそうですが、最後の一軒がこちらだそう。

毎朝早朝に米麹と米で仕込む、一子相伝、400年続という伝統のお味は、
滋味深く優しい甘さで、とてもあたたまりました。
昔の人は、これを飲んで、箱根の山を越えてたんだなあ。

ドタバタな年度末を乗り切るパワーをもらいましたよ。
気がついたら、三月ももう折り返し?
皆さんも、どうかお元気で!

写真 17.JPG

クラシックなこの色使いもやっぱり好きだなぁ。

**********************

●「YOU×光浦 海外ドラマTALK」WOWOWプライム(無料放送)
3/16(日)午後5:15〜 (随時リピート)

この春から始まる話題の新作や人気ドラマの最新シーズンを中心に、
海外ドラマ豪華ラインナップについて、
YOUさん&光浦靖子さんのオトナ女子が本音トーク。


●「ヨーロッパ水風景」BSジャパン 毎週日曜 よる7時〜9時
3/16(日)オランダ アムステルダム編
女優、紺野まひるさんが世界遺産の美しき運河の街をめぐります。
オランダの原風景、風車の景色に感動。
風車の内部ってどうなってるのかな?
風車守のおじさんがまたイイ人なんですよー。


「高田純次のアジアぷらぷら」 BS12 毎週日曜よる9時〜
03/16(日) 

人気企画『日本のアジア』の第7弾。
日本に住むアジア人と純次さんが今回訪れる場所は...?
今や、東京のリトル・ヤンゴンとも言われる高田馬場。
ここ日本でミャンマーの味を体験できるお店があります。

共通テーマ:blog

今日という日に思うこと

今日はこちらのナレーションを担当します。

TBS 「Nスタ」午後3時50分〜 東日本大震災ドキュメント

震災は、まだいろいろな形で続いています。
厳しい現実ですが、しっかり向き合い、前に進んでいる人たちの姿を知りました。

自分の街でも、被災地での出来事も、
国内も、海外も、世の中で起きていることは、
なにひとつ自分と無関係じゃないんですよね。

巡り巡って、みんな結局つながっている。
今はその実感が薄かったとしても、将来、どこかでまじわってくる。
だからこそ、自分の今日の行動が、どこにつながっていくのか。

何かひとつでも感じることがあれば、
その気持ちを、どんなささいな事でも、
カタチにするきっかけにして、動いていきたいと感じました。

時が経っても、耳を傾け、目を向ける。
気持ちを向け続け、止まらず、後ずさりせず、進んでいけたら。

そんな思いで、今日という日を共に過ごせたら、素敵です。


では、行ってきます。
そして、行ってらっしゃい!



共通テーマ:blog

オランダのたからもの

風がピューと吹くたびにまだまだブルブルしてしまいますが、
日中の日差しには、確実に春を感じますよね。
今日もまずまずのお天気でしょうか。
お互い笑顔で良い一日を!

さて、
このブログにもたびたび登場してくれている、
アートと食(&同い年ネタ)について話し始めたら、
もう一晩中語り倒せる親友、キュレーターの林綾野さん。
(過去にはこんなイベントもいっしょにやりました)

これまで出版されたのは、
画家の食や暮らしや旅の足取りなどを分かりやすく書いた
フェルメールの食卓』『ゴッホ 旅とレシピ』など、ワクワクするものばかり。

このたびの新刊は、初めての絵本です。

『ぼくはヨハネス・フェルメール』

写真 15.JPG

古文書に残された史実をもとに、
フェルメールはどんな家に住み、どんな家庭生活を送り、
その中でどんな風に絵を描いていたのか...
林さんのやわらかい文章は、子どもから大人まで、やさしく素直に心に入ってきます。

イラストレーターたんふるたんさんによる、
淡いタッチ(それでいてしっかり)の水彩画も、穏やかな気持ちに。

フェルメールが過ごした子ども時代、
画家としての決意や、結婚、家族との生活、絵画への想いなど、
一人の人間としての生涯が、想いが、細やかに描かれていました。

「教科書の中の大巨匠!」という遠い存在から、
「そうよねえ、同じ人間だものね。いろいろ大変よねぇ..」と、
一気に親しみを覚えた、素敵な絵本です。


「フェルメールブルー」と呼ばれる、あの印象的な青色を、
自宅の屋根裏部屋で、ラピスラズリを砕いて作っているヨハネスくん。

写真 13.JPG


娘はパン屋さんのページがお気に入り。

写真 17.JPG

晩年は、戦争の影響で貧しくなり、
たくさんの子どもたちを食べさせるために、支払いをため込むこともあったとか。


私のお気に入りは、43歳という若さで最期を迎える際、
これまでの作品が走馬灯のように浮かぶこのページ。

写真 8.JPG

「ぼくが死んでしまっても ぼくの絵を見て
だれかが やさしく 幸せな気持になってくれたら...
それが ぼくの永遠の夢なのです」

フェルメールが生きたオランダの当時を思い、
家族との、大切な人たちとの会話などに想いを馳せながら、
その想像の世界にこころを遊ばせる楽しみ。
そっとページをめくり、あなたもじっくりと味わってみてください。


「ぼくはヨハネス・フェルメール」

さく:林綾野 え:たんふるたん
出版社:美術出版社
定価:1,500円

オランダつながりで...今後のヨーロッパ水風景、来週はアムステルダム。

●「ヨーロッパ水風景」BSジャパン 毎週日曜 よる7時〜9時

3/16(日)オランダ アムステルダム編
女優、紺野まひるさんが世界遺産の美しき運河の街をめぐります。
オランダの原風景、風車の景色に感動。
風車の内部ってどうなってるのかな?
風車守のおじさんがまたイイ人なんですよー。



共通テーマ:blog

渋谷にも春到来。

かさばるコートを抱えて歩く汗ばむ陽気と思ったら、
冬の寒さが復活したりと、
春の気まぐれな空模様、なかなか読めないモノがあります。

それでも、一度パステルカラーの春のお洋服を目にしたら、
もう気持ちはシックな冬服には戻れないわけで。

新しい季節に新しいアイテムを投入したいわ!と思ったら、
ぜひ大人の女性の遊びゴコロ満載の渋谷ヒカリエへ。

写真 3.JPG

スペシャルプログラムも、春バージョンをご用意。
気分も女子力も上がる、春にちなんだ軽やかなジャズの名曲とともに、
ご案内しております。

春色の服、春色の雑貨。
ファッションウィーク東京や、桜スイーツや、
新生活へ向けてのライフスタイル雑貨企画など、
女子としてのウキウキが止まらない!トピックが満載。

本日6日からオンエア開始となります。

写真は、渋谷ヒカリエ担当の桑山さん。
ヒカリエの皆さま、現場でもどこでもいつもキラキラで、
「わわ、女をサボっちゃイカン!」と、大いに刺激を頂いています。

皆さまも、女子力 & 男子力向上の春を!



共通テーマ:blog

「 ぐりとぐら展」に行ってきた。

今日は楽しいひな祭り。いかがお過ごしですか?
ひな人形、片付け遅れると行き遅れるとか言いますけど、
わが家ではどうだったかなー。
うーん、しばらく出しっぱなしだったような...。

さておき、週末は銀座へシャバダバ。
お目当ては、松屋銀座で開催中の「ぐりとぐら展」。

写真 8.JPG

去年生誕50周年を迎えた、日本一有名な野ねずみの二匹、ぐりとぐら。
中川季江子さんと山脇(大村)百合子さんによる、
泣く子もほほえむ不朽の名作の世界を堪能できる展覧会です。

作者のお二人がご姉妹って、知りませんでした。
作品の解説パネルには、
「制作するにあたって、姉とはこういうやり取りをして…」
というフレーズがたびたび出てきて、
「なるほど。ちっちゃな頃から、一緒に机を並べ、
クレヨンを握りしめ、遊んできたからこそなのかしら」と、
お話と絵の絶妙な「あうん感」に大いに納得したりして。

展示されているのは、
そんなお二人によるデビュー作「いやいやえん」から
「ぐりとぐら」のお話全7作品、「そらいろのたね」など、170点以上。

さらには、「ぐりとぐら」のそれぞれの作品の中でキーアイテムとなった
「たまご」「かぼちゃ」「うみぼうずのちず」「けいとだま」などが、
まさに「ごろん…」というサイズ感で登場。

「ぐりとぐらの目線では、こんな風に大きく見えたんだろうなぁ」
という原寸大感覚は、大人でも初めて目にして「わ!」と、嬉しい驚き。

2歳の娘も大興奮で、「おおきいねーっ!」と
巨大な絵本のパネルの間を行ったり来たりしていました。

子どもはもちろん、女子同士、デート中のカップル、
銀座がお似合いのおじいちゃまおばあちゃままで、
みんながにっこりほっこり、「懐かしい〜!」と笑顔になる、
それは、あたたかくやさしい空間でした。

ほかにも、世界11の国と地域に広がる海外版「ぐりとぐらの」の展示、
小さいこどもイスとテーブルで、作品を片っ端から楽しめる読書コーナーなど、盛り沢山。

ちなみに、ギフトショップではトートバッグから絵本まで、
「ここからここまで全部欲しい〜!」という物欲と戦いながら、
「これでおてがみ、かきたい」という娘のリクエストでポストカードを購入。

写真 7.JPG

通常のはがきサイズと、大きめサイズのこちらを。
焼きたてのカステラを森のみんなと仲良く分け合うこのシーン、大好きだったな。
それぞれのサイズに合わせて、カニさんは小さめ、ゾウさんは大きめのかけら。
一匹一匹、それぞれの個性を大切にしながら、愛情たっぷりに描かれている絵は、
ゆっくりのんびり眺めていると、色んなことを再発見出来ます。

展覧会は、3月10日来週月曜日まで。(その後、全国各地を巡回するそうです)

写真 13.JPG

お昼ごはんは、「そうだ!」と思い立って、デパ地下でお弁当買って、屋上で。
銀座の空の下、大都会の真ん中。
思いのほか、ゆったりのんびり、ぐりとぐらのようなピクニック気分でした。

あ、食後のデザートには、カステラが良かったか!

**************************

●国内外の名作を朗読中「Force Club READING FOR YOUR HEART」

3日(月)〜6日(木)までご紹介するのは、
春を楽しみに待つ、かわいいうさぎの男の子のお話。

はるまでまってごらん(ほるぷ出版)
著:ジョイス・デュンバー
絵:スーザン・バーレイ
訳:角野栄子 


J-WAVE 81.3
月〜金 よる9時50分〜10時

fm802
月〜金 よる8時48分〜8時58分

ZIP-FM 77.8 
月〜木 よる8時50分〜9時
金   よる7時50分〜8時


共通テーマ:blog