So-net無料ブログ作成

小豆島で感じたこと

夏休み活動第一弾、小豆島へ二泊三日の旅をしてきました。

瀬戸内海の島を訪れたのは、直島の旅以来5年ぶり?

穏やかな海に、夕焼け。
干潮時だけ姿を現すこの砂の道は、エンジェルロードと呼ばれているそうです。
たしかに、息を呑む美しさでした。

写真 1.JPG

もちろん、名産品のそうめんも堪能。

写真 3.JPG

おつゆに、これまた名産のオリーブオイルを加えると驚くほど美味。
滞在中、速水もこみちさんのように、とりあえずオリーブオイル!状態でした。

流しそうめんも初体験。
テーブル下の水栓から、ホースで景気良く水が流れてくるんだけど、
結構、激流で思いのほか激しくまわっていました。
娘、大喜び。私の分も全部すくってくれましたよ。
(私もやりたかったので、気分はちょっとフクザツ...)

写真 4.JPG

もちろん、おそうめんだけじゃない、小豆島。
「オリーブ園」にはイサム・ノグチの遊具彫刻があったり、

写真 6.JPG

写真 14.JPG

昨年の芸術祭の際に作られた作品もまだ展示されていて、
のんびり独り占め状態で味わう事が出来ました。

写真 8.JPG

係員の地元のおじさま&おばさまが皆さん本当にあったかくて、毎回つい長話。
「よければ本にはさんでね〜」と、五つ葉のクローバーまで頂いちゃいました。

瀬戸内のノンビリした言葉の響きに、
大好きだった岡山のおばあちゃんを思い出す懐かしい瞬間も。

そうそう、渓谷にある「お猿の国 銚子渓」の広大なスケールには、度肝を抜かれた〜。

写真 15.JPG

日本全国いろんな場所の猿山には行ってるつもりですが、
自然の中におさる達がのびのびと暮らし、
人間がそこに「すみませんねえ...」とお邪魔するという、なんとも逆な構図。
周辺の絶景(山水画のよう!)、おさる人口(頭数?)、自由なライフスタイル...
今まで見てきたものの中でも、抜きん出ていました。

写真.JPG

で、帰りのフェリー内でも、おそうめん。

写真 17.JPG

今回、せっかくだからと小豆島への旅行カバンに入れたのは、
学生時代に読んだきりの「二十四の瞳」。
大石先生の、母としての息子への気持ちに、改めて胸が締めつけられる思いでした。
自分が年齢を重ねる事で、本って本当に感じ方が変わってくるんだなあ。

そして、作者の壺井栄さんによる変わらないメッセージは、
何が正しいのかという時代の空気を歪め、人の心と命を奪うのが戦争、ということ。
今、再び読んで本当に良かった。

写真 16.JPG

たくさんのものを得た小豆島の旅でした。
絶対に、またね!

************************

「団塊スタイル」 NHK E テレ 毎週金曜よる8時

「どうする?お墓」
2014年8月1日(金) 午後8:00~午後8:45(45分)

お墓のお悩みに、様々な選択した方々を紹介しながらお答えします。
お寺との話の進め方や、親戚と相談しておきたことなど、情報満載。
私自身、これから先の人生をいつもしっかり予習させてもらっています。



共通テーマ:blog

オルセー展トークイベント

おかげさまで連日大盛況のオルセー美術館展。
日曜日には、一万人を越すお客様にお越し頂きました。

そんな熱い熱い国立新美術館の講堂にて
昨夜は、友人でキュレーターの林綾野さんと、
一夜限りのスペシャルトークイベントを行ってきましたよ。

写真.JPG

カチッとした解説は、展示室のパネルにお任せして、
実物を見る際、アタマに入れておくとさらに作品が楽しめる...
そんなおもしろポイントをノンストップで語ってきました。

超目玉作品、マネの「笛を吹く少年」についてもたっぷりと。

なぜこの絵がセンセーショナルだったのか?
描かれている男の子は一体誰?
2つのサインに隠された謎とは?
この笛、どんな音がするの?

...などなど。

他にも、印象派という新しい分野を切り開いた若き画家達の人間ドラマ、
彼らの泣かせる苦労話、林さんの専門分野である「食とアート」について、、、
この2人で話し始めると必ず時間通りには終わりません。(予定時間オーバーすみません)

写真 17.JPG
(前のめり!)

という事で、テンション高めな私たちでしたが、
アートを愛するお客様のリアクション、
声を上げて笑ってくださったり、ふんふんうなずいてくださったりと、
あたたかく最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

それぞれキャラが濃い画家達の群像ドラマとして見ると、
さらにオモロい19世紀後半のパリのアートシーン。

並べて、比べて、点と点を線にしていくことで、作品の持つ奥行きも倍増します。
共感したり、妄想したりと(笑)、どうぞフリースタイルでお楽しみ下さい。

そうそう、明日25日(金)午後6時から、美術館のテラスにて
フルート奏者3 人組、マグナムトリオによる無料コンサートも。
本展のために再現製作された笛「ファイフ」の音を披露します。
詳しくは、公式サイトを。


**********************

ナレーション担当中。

「団塊スタイル」 NHK E テレ 毎週金曜よる8時

輝いている人の生き方に迫る「D’sスタイル」。
今週は生活研究家の阿部絢子さん。
大学卒業後、洗剤メーカーのお掃除相談室や消費生活アドバイザーとして活躍。
その後、海外のホームステイで見つけたシンプルな暮らし方に触発され、
シンプルな暮らしを実践しながら提案しています。


「高田純次のアジアぷらぷら」 BS12 毎週日曜よる9時〜

アジアに一番近いニッポン、九州編の第3弾は大分県の別府に移動し、
現地アジア人留学生と温泉ぷらぷら~。



共通テーマ:blog

こめかみ、キーン!

西郷、どーん!

写真 3.JPG

友人から、出産内祝いに、魅惑の逸品が届きました。
もうこの段ボールからして、すごいインパクトでごわす!

鹿児島名物、しろくま♡

写真 4.JPG

そういや、鹿児島の有名店「むじゃき」に行った時も、
店頭に巨大なシロクマがどーんと鎮座していたっけ。
人だかりが出来てるからなんだろうって、予備知識ゼロで近寄ったら...シロクマ。
あれはビックリしたなぁ。
みんな記念写真を撮っていたなあ。

甘酸っぱいフルーツ、ほっこり小豆、濃厚な練乳、
べたべたしないサクサク食感のち、こめかみキーン!

子供の夏休みの記憶をふわっと呼び起こしてくれます。
市民プールの帰り、ビニールバッグをぶら下げながら、アイス食べたなーなんて。

小学生たちも、いよいよ夏休みまで秒読み、ですね。
自分の背丈くらいあるアサガオの鉢を懸命に持って帰ってる後ろ姿に、
勝手に自分のこども時代を重ね合わせて、つい目が離せなかったりします。

「ねえ、自転車の後ろの荷台、あいてるから乗っけてく〜?」
なんて声をかけたくなってしまうのですが、ダメかな。
ビックリするかな? ...ですよね。


***************************************************

そんなこんなで、鹿児島をちょっとづつ大事に味わっている今日この頃。
鹿児島と言えば、ご好評頂いているこちらの番組も第三弾となりました。


●『とんねるず×さまぁ~ずの一文無しジャーニー2×2』。
フジテレビ 7月19日(土)放送 よる9時〜

ご利益特番第3弾!とんねるずとさまぁ~ずが一文無しでヒッチハイクの旅に出た。
目指すのは、超パワースポットの霧島!
今回は、超大物女優&大人気タレントが同行。ヒデシマは声でご案内。


そして、純次さんは大分へ!

「高田純次のアジアぷらぷら」 BS12 毎週日曜よる9時〜
7月20日(日)放送
アジアに一番近いニッポン、九州に上陸。
大分県の別府に移動し、アジア人留学生と温泉ぷらぷら~。
地元の有名料理も堪能して純次さん大満足!


金曜よる8時はこちら。

「団塊スタイル」 NHK E テレ 毎週金曜よる8時
7月18日(金)放送「つまずき・ふらつきがサイン!50代からの転倒予防」

超高齢化に伴い、年々増える転倒事故。
思わぬ場所で思わぬ転倒をした事例を取り上げながら、
本格的な転倒に陥らないための予防について考えます。



共通テーマ:blog

オルセー美術館展、開幕です

印象派の傑作が史上最大規模で来日したオルセー美術館展
六本木の国立新美術館にて、本日開幕となりました(10月20日まで)。

orsay.jpeg

本展ナビゲーターの東出昌大さんと音声ガイドを担当しております。

イメージとしては、展示室から展示室へ、お邪魔にならないようそっと付いてまわりつつ、
気になる絵の前でガイドのボタンを押して頂ければ随時ご案内開始...な感じです。

その内容も、ガチガチに堅苦しい「解説です!」ではなく、
作品がさらに語りかけてくるようなエピソード、
おもわず引き込まれてしまう裏話が盛りだくさん。

私自身、ご案内しながら楽しくて、へぇぇ!ほおお!と感動していたら
収録もあっという間に終わってしまい、少しさみしい気持ちになりました。

写真 6.JPG

「なんだい!国の保守的な審査員たちが認めてくれないなら、
ボクら自分たちで展覧会をやるまでよ!」という若き印象派画家たちの情熱。
みんな、思った以上に、ハングリー精神に溢れていたんだなぁ。

「さすがスルドイ者同士!」とうなる、詩人たちや音楽家たちとの交流、
仕立て屋さんを父に持つルノワールが描く女性のファッションへのこだわりや、
鶏小屋まで作っていたというモネの食いしん坊バナシなどなど。
19世紀当時のパリの画家たちの様子が鮮やかによみがえります。

作品の奥、その向こうに広がる、生き生きとした人間ドラマ。
じっくり向き合って、あなたの目で、耳で、発見して、
ひとつの物語を読み解くようなワクワク感を、お楽しみ頂けたら。

ここまで世界的傑作に囲まれちゃう空間も、
大げさな話じゃなく、世界にそうないと思います。

何かとアレコレ追われ、頑張って毎日を過ごしている人こそ、
名画をぼーっと眺める幸せにココロ浸しながら、
どうぞ好きなだけ、長居してください。

音声ガイド.PNG

館内は作品保護のため、かなりヒンヤリしています。
人間は冷えすぎないように、羽織ものをオススメします。
ブランケットのお貸し出しもありますよ。

*******************

※ キュレーター林綾野さんとの7月23日のトークイベントは、
おかげさまでチケット販売終了となりました。ありがとうございました!



共通テーマ:blog

マキハラといっしょ③放送後記

昨晩のNHK「マキハラといっしょ」には、
沢山の感想&ツイッターでのコメントを頂き、大感謝です。
お楽しみ頂けましたか?

cap16.jpg

ゲストのさかいゆうさん、なんて透明感のある歌声。
トークでも、敬愛するマキハラさんへの思い、音楽への情熱を語りだすと止まりません。

「うんうん、分かる、分かるよ!」と優しく相づちを打つマキハラさんと、
話題は、生き方論、表現者としての姿勢まで、どんどん広がり、
スタジオの空気もさらに熱をおびて、夜は更けていったのでした。

東京パイプバンドの皆さんも、純粋なバグパイプ愛が全身からビンビン。
ラスト曲の「Anywhere」のコラボ、じーんと響きました。
素晴らしい音色をありがとうございました。
(個人的には「アンソニー!」と心の中で叫んでいました。笑)

cap25.jpg

さて、次回の放送も決定しているんです!

NHK 夏の特集番組『マキハラといっしょ』第4弾
2014年8月15日(金)22:00~22:59
ゲストは、玉置浩二さん!

森山直太朗さんゲスト出演の回でも、数々のおもしろエピソードが披露された玉置さん。
直太朗さんも多感な思春期の頃、
お母様、良子さんの自宅でのライブ打ち上げに、
自分のライブを終えた後の玉置さんがしょっちゅう遊びにきては、
「おーい!直太朗!出てこいや!」と部屋のドアをガンガンとノックしたり、
森進一のモノマネをしながら歌うサザエさんの歌が超ハイクオリティだったりと(笑)。

真夏の夜、どんな伝説が生まれるのか!?
ご期待下さい!

写真 1.JPG

収録終了予定時刻を大幅にオーバーしても、
魔法のようにテキパキと撤収作業をこなす大道具の皆さん。
いつもお世話になっています。
毎回、沢山の人たちの手に支えられながら、番組は作られています。



共通テーマ:blog

第3弾です「マキハラといっしょ」!

7月に入り、すっかり夏の陽気ですね。

こちら、ゲリラ豪雨で洗濯物を全滅させたりと、相変わらずドタバタな日々。
今日は、公園を散歩する時のために、蚊取り線香の携帯ケースを買いました。
梅雨はまだ続くようですが、夏の予定も何かと入りつつ、すこやかにお過ごしでしょうか?

先日、NHK BSプレミアム「マキハラといっしょ」の収録が無事終わりました。

cap12.jpg

4ヶ月にわたる全国ツアーを終えたマキハラさん。
ツアータイトルでもある「うたのおもてなし」精神も最高潮キープの状態で、
大いに発揮してくださいました。

ゲストにお迎えしたのは、
その第一声でマキハラさんの心を掴んだという、
シンガーソングライターのさかいゆうさん。
その美声を初めて聴いたとき、マキハラさんがとった行動とは?
赤裸々なエピソード(笑)もお楽しみに。

山下達郎の「RIDE ON TIME」や、
さかいさんのデビュー曲「ストーリー」での豪華共演も。
それはもう、鳥肌モノの美声をお楽しみ下さい。

cap20.jpg

マキハラさんが気になってしょうがないという楽器、バグパイプ特集も。
その音色、不思議と、どこか懐かしいような。

胸が躍るようだったり、ふっと癒されたりの音楽と、
自由過ぎるトーク(どこがどう使われるのか、私も楽しみ!)にご期待下さい。

名言もたくさん飛び出しました。
あなたの心の中の何かにふれる言葉や音色、きっとあると思います。

楽しい夏の始まりとなりますように!

******************

●NHK BSプレミアム 「マキハラといっしょ
7月5日(土)午後10時00分~午後11時00分

【出演】槇原敬之,【ゲスト】さかいゆう,東京パイプバンド,【司会】秀島史香


******************

ナレーション担当中。

●NHK E テレ 「団塊スタイル」 毎週金曜よる8時 7月4日(金)午後8時~放送

夏に勝つ第1弾 「熱中対策の落とし穴」
2週シリーズで、暑い夏をのりきるための対策についてお伝えします。
1回目は本格的な夏の到来で怖い「熱中症」。
ベテランキャディーさんの暑さ対策、なるほど〜でした。


共通テーマ:blog