So-net無料ブログ作成

大きなりんご

BIG APPLEことニューヨークを舞台に、
10人の監督がそれぞれのメガホンで、この街の人間模様を描いたオムニバス映画。
「ニューヨーク、アイラブユー」。
岩井俊二、ナタリー・ポートマンも監督!

NYILOVEU!!.jpg

「トランスフォーマー」では
いつも「オーマイガーっ!!」とビックリしながら爆発をよけてる
学生兄ちゃんってイメージのシャイア・ラブーフ。
哀しみをたたえた訳ありホテルマンの役が光ってました。

おしゃれなソーホーやトライベッカよりも、
チャイナタウンの雑多な雰囲気に郷愁を感じてしまうのは、
異国での「やっぱりウチら同じアジア仲間だよね!?」感。

イタリア系(?)画家がひそかに恋焦がれる漢方薬屋の中国人女性がキレイでした。
彼女のポートレートを絵の具ではなく醤油の濃淡で描いていて、おぉなるほど~!と。
ちょっと自分でもやってみたくなりました(食べ物で遊んではいけません)。

同じアジア系だと、マギー・Qも色っぽかった。
(娼婦役ってのもあったんだろうけど)

おととしの夏に行ったニューヨークの珍道中。
道を歩いていても、いちいちギャー!!と反応するほど、感動ポイントが沢山ありました。

週末遅く起きて、外に朝ごはんを食べに行く文化ってのも、いいよね。
ってことで老舗ベーグル屋のおじさん、元気だろうか。

この街オムニバス映画シリーズ(?)、
エンドロールを見ていたら、次作は「シャンハイ、アイラブユー」らしいですぞ。
クールチャイナ、来る?

共通テーマ:blog